4月1日大友良英×中川裕貴×山内弘@アバンギルドのライヴの内容変更(大友良英出演中止)について

4月1日大友良英×中川裕貴×山内弘@アバンギルドのライヴの内容変更について

直前のお知らせで大変申し訳ありません。ギリギリまで開催できないか模索していましたのでご報告が遅れました。

下の方に大友良英からの説明文もあります。

—–

企画&主催:F.M.N. Sound Factory 石橋正二郎

 突然で申し訳ありませんが4月1日のアバンギルドでの大友良英×中川裕貴×山内弘太のライヴですが大友良英の出演を見合わせることになりました。

 3人によるライヴは、事態が収束したら必ずまたアバンギルドで行います。中止ではなく延期ということです。延期日が設定できないのが心苦しいですがご了承いただきたいと思います。

 ご予約いただいた方にはアバンギルドからメール絵連絡あると思います。
ただ本日が休みなので連絡を差し上げるのは明日29日になりますことをご了承ください。

 当日は中川裕貴と山内弘太という京都在住による二人で投げ銭制のライヴに変更させていただきます。投げ銭制になりチャージはありませんが普通に飲食はできます。
 
当日はそれほど混み合うことはないと思いますが、万が一ある程度以上の来客があった場合、感染防止の観点から入場をお断りすることがあるかもしれないことをご了承ください。

 予約された方にはアバンギルドの方から明日個別メールが行くと思いますが、先にここでおしらせします。誠に申し訳ありません。

 ギリギリまで公演の可能性を探っていましたため直前の告知になってしまい本当に申し訳ありません。

 大友良英は今回のライヴのみならず4月のライヴは全てキャンセル、東京より外部に出ないという苦渋の決断をしました。
 
 コロナウィルスの感染がどこまで広がっているのかはっきりしない状況ですが、それでも着実に、特に東京での感染者数が増加していることを考えると、今の時点で敢えて東京から京都への移動しライヴを行うことを要求できませんでした。

 ライヴ自体を中止することではなく京都在住の二人だけの演奏を選択しました。
このことについても大変考えましたが、演奏の場と生の音楽に触れる場を絶えさせないために、感染防止に留意し開催しようと思いました。

消毒液の準備、客席の間隔の確保、換気等の感染防止に留意します。

 体調の悪い方はどうかご遠慮ください。

 突然の変更のお知らせ、本当に申し訳ありませんでした。

ライブを楽しみにしていた皆様、今回は参加することが出来ず本当に申し訳ありません。
東京での感染状況を考えると、しばらくの間はわたし自身も東京から外に出ない方がいいと判断、さらに4月中の東京でのライブの出演も見合わせました。今回中川さん、山内さんとの共演も本当に楽しみしてました。いずれ事態が好転しご一緒できる日が来ると信じております。

大友良英

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です